スクリーンメッシュシートによる  可視化を推進しています
スクリーンメッシュシートによる  可視化を推進しています
作業内容報告ボード
作業内容報告ボード

1棟入魂!

ツボイ塗工の合言葉です。

 

他社がほぼ1週間~10日で仕上げる外壁塗り替え塗装。

ツボイ塗工は2週間~3週間を掛けてじっくりと施工します。

 

なぜ、それだけ時間が掛るのか。

 

15年しっかり耐久させたいと下塗り(シーラー)、下地調整(フィラー)、仕上げ2回という、

他社では殆ど行わない塗装工程を20年以上前から実践し、

施主様のお声をしっかりと聞きながら、お客様と共に塗装を創り上げてゆくから。

 

他社から当方にいらっしゃる施主様の多くが、

前回、色や施工方法の事で殆ど相談ができなかった、

相談できぬ間に仕上がってしまった、

打ち合わせと異なる仕上げがなされてしまった・色にされてしまったなど、

多くの不満を抱えている方です。

 

どんなに事前の打ち合わせをしたとしても、

実際に塗ってみなければわからない事がたくさんあります。

他社では作業が始まってからの色変更はNGです。

ツボイ塗工では特に外壁面ではまず一面を塗装します。

仕上がりを実際に見て頂いて、OKであれば本作業に移ります。

こういった事ができるのは当方の強み、他社にはできない事です。

 

小さな要望もできる限り実現する、それもツボイ塗工の信念です。

 

思い残しがないように丹念に、一つづつ組み上げて、施主様と笑顔の塗装を目指します。

 

お値段に関して高いと言われる事もあります。

 

しかし、材料は他社選定の数倍以上の値段を掛けています。

当方の施工材料は関西ペイント製品がメイン。

高いけれど品質は確かであると誰もが認める材料をふんだんに使います。

 

手間暇をかけ、最高ランクの材料を規定量を守りしっかりと塗る。

当たり前の事ができない業者さんが溢れる中、オヤジの代から守る信念と、

常に新しいものを追いかける私の原動力が一になり、

ツボイ塗工は新しい風を起こし続けています。

 

早く安いコンビニのような塗装、100円ショップのような取り急ぎ塗装は扱っていません。

 

それは施主様にとって痛みを伴う結果をもたらす事を知っているから。

 

粗悪な塗装を行った結果、

払う必要のない修正費を後々掛ける事になるなんて、

家の維持計画全体を考えると結果損をしていまいます。

 

大手なら安心と頼んだ施主様、600万円を支払い、末端の塗装屋さんが貰える金額、材料費込みで90万、実際に某大手ビルダー系列のリフォーム会社で起こっている事です。

 

それを安心料として支払う勇気があるならばそれも良いと思います。

 

しかし、そんな馬鹿らしい事があるでしょうか?

 

それならば当方にご依頼いただければ、最高のおもてなし塗装が敢行できます。

 

リフォームサミット参画店として、また数ある関西ペイントの会議にも出席、

関西ペイント東京事業所内の見本板なども作成している当方です。

 

しっかりとした塗装を、相談しながら進めてゆきたい、

そんな施主様にとっては当方は適任だと自負しております。

 

相談は無料ですし、メールであれば事例などと共にお困り事を一つ一つ紐とくお手伝いも致します。

 

繁忙期で少しバタバタしておりますが、

本当にしっかりとした塗装をしたいと願う方のお問い合わせをお待ちしております。

 

ツボイ塗工 代表:坪井邦夫 2017.3.7

 

代表直通TEL 090-3538-1727 

Email tsuboi-toko@repainting.name

又は↓フォームへ↓


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


外部一式塗装工事の当方施工例はにて♪


       ☆画像クリックでブログ本文へ☆
       ☆画像クリックでブログ本文へ☆

ツボイ塗工は関西ペイントリフォームサミット参画店です!

当方が参画した理由。

それは良いものはどのメーカーの製品であっても積極的に使うという当方のスタイルが維持できる事。

メーカーのくくりに参加すると当社の材料を使う事が条件という話も出てきます。

そういったお話は全くなく、広い目で見て、触れて、施工をして、

最終的に関西ペイント製品が優れていたら採用して欲しい、そんな真摯な想いに共感し、

当方も材料を通じて、製品を通して、関西ペイントの想い、製造者としての想いを受け取る事ができました。

材料を使うごとに施主様への想いが滲むこの塗料を私の手で塗膜にしたい、

そんな思いからリフォームサミットに喜んで参画させて頂いております。




塗布前現況
塗布前現況

ファミリーカラーシュミレーションを用いた施工例。

目黒区緑が丘の施主様に体験して頂き、

実際に施工を行った様子です。


上記物件で採用した三種類のメイン工法を項目別ご紹介




関西ペイント・前田課長との雑談話から生まれたメタリック多彩色。

キラキラが欲しいとの施主様のご要望の伝達から始まった現場発工法。

その詳細はこちらにて。





 

FC(ファンデーションコート)は、打放しコンクリートの半透明カラー塗装工事において、

下地補修後の色斑調整材として用います。
コンクリート面のムラをなくし、美しい仕上がりにします。


補修部分が目立つ箇所、ムラの多い箇所などに、より自然な打放しにすることができます。

無機質塗料なので、コンクリートはもちろん、ランデックスコートWS疎水剤の上にも付着する特殊な塗料です。

 

〈特許第3097900号〉



画像や文章をクリックすると本サイト内の記事やブログ記事に飛びます。






ツボイ塗工はナノコンポジットWパートナー施工店です!

パートナー施工店にだけ掲示の許される横断幕を登録記念に水谷ペイントさんから頂きました♪
パートナー施工店にだけ掲示の許される横断幕を登録記念に水谷ペイントさんから頂きました♪