アレスシックイデザインペイント(第20回グッドペインティングカラー内装特別賞受賞)

すべての色をアレスシックイで彩ったデザインペイントが

第20回グッドペインティングカラー内装特別賞を受賞。

アレスシックイを用いた虹塗装のチャレンジが認められました。

本現場で使われたアレスシックイはツボイ塗工独自配合調色です。




アレスシックイ天井塗装/2色仕上げ



アレスシックイ天井塗装(クロスの上から塗装)



アレスシックイ天井・壁面塗装(クロスの上から塗装)




 

アレスシックイ塗装記


重いアレルギー体質の奥様がいらっしゃる施主様の内装工事を担当する事になりました。

とにかく化学物質に反応してしまい、クロス張替もできないというお宅です。

無ければ一時避難するからというお話でしたが、少しでも反応が出ない塗料があるならば。。。

そんなお困り事を解消すべく、発売間もなかったアレスシックイをお勧めしました。

少量パックを入手し、施主様にお渡しして、臭気に反応しないかを判断して頂きました。

翌日、反応が無かったとのことで、早速塗装段取りに入りました。


奥様のお仕事外出中に塗布作業を開始。

塗布中は僅かな樹脂臭がするかしないかのレベル。

お留守番をされている娘さんも安心して塗布作業を見守っておりました。

奥様が帰宅されると『本当に塗ったの?』と驚くばかり。

あまりの臭気の無さにびっくりされたようです。


翌日、建具屋さんが持ちかえっていた建具の取り付けに来てくれたのですが。。。

F☆☆☆☆取得の接着剤を使ったにも関わらず奥様に激しい反応が。。。

『ツボイさん、建具かしら』

そうおっしゃるので『アレスシックイにはVOC吸着機能もありますので少し様子を見て下さいネ』と申し上げ、

一晩様子を見て頂く事に。


翌々日。

『ツボイさん、反応が消えた!』

僅か一晩での出来事でした。

アレスシックイのVOC吸着機能がしっかりと発揮され、施主様はまたまた大喜び。

塗って良かったと納得の作業となりました。



当方施工例(2018年1月)

アレスシックイ塗装記2

 

お世話になっている施主様宅で天井塗装をご依頼頂きました。

壁面は左官ジュラク仕上げで、天井はクロス仕上げ。

壁面は味が出ているからそのままで良いとの事で、

汚れてしまった天井塗装をご依頼頂きました。

 

旦那様奥様共非常にお元気なのですが、

風邪も流行る時期、お孫さんも遊びに来る環境でしたので、

アレスシックイという高機能塗料がある事をお伝えし、塗ってみようかというお話に。

私としてもリビングで快適に過ごして頂きたいと願っていたので、

アレスシックイが大暴れできるようにしっかり塗布しました。

 

塗布中何度も旦那様が様子をご覧になっていたのですが、

『意外に臭いがするもんだね』と。

 

確かにそうなんです。

 

アレスシックイはシックハウス症候群の主原因物質である

ホルムアルデヒドを始めとした有機溶剤揮発物質を一切含まない

ゼロVOC塗料で消石灰が90%を越える成分ですが、

独特の樹脂臭というか抗菌材にも近い臭気が塗布中に発生します。

塗布後乾燥段階に入るとすーっと消えてなくなるのですが、

塗布中には発生しますので、お住まいになっている状況での塗布の場合には

適時換気が必要になります。

 

『完成したら臭いが収まったね!』

 

旦那様が最後の確認をする頃には臭気がだいぶ収まっており、

旦那様とお茶と肉まんを頂きながら、談笑して現場を後にしました。

 

また、綿密な塗膜の為、光の反射が強くなる傾向があり、

特に天井に塗ると照明の光反射が向上してお部屋が明るくなります。

 

お写真でもその様子がはっきりと分ります。

 

明るくなったとお喜びの旦那様の様子を嬉しく思いながら、

奥様とお孫さんの快適な生活を支えてくれたら嬉しいなと、

作り込んだアレスシックイ塗膜におまじないをするツボイ塗工でした。